FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

座間味村の旧暦3月3日は・・・!

2011年04月05日
4/5 (TUE)

天気 :  20℃   風 :北東  4m   波 :2-3m 

1_20110406112527.jpg


■浜下り(ハマウリ)■

 旧暦 3月3日は、沖縄では女子は浜に下りて、身を清めるという慣行があり、海岸は貝をひろう女性や家族づれ(ところによっては女子だけでなく家族のみんなが浜に下りるという)が集まります。また、この日、各家族ではヨモギの葉を入れた草餅をつくるそうです。
 「浜下り」は「浜の白砂を踏むことによって体が清められる」という信仰に基づいているそうです。

■浜下りの伝説(アカマター伝説)■

 その昔、美しい未婚の娘がいました。
 娘はアカマター(蛇)の化けた美少年と恋に落ち、アカマターの子を身ごもってしまいます。
 誰とも分からない人の子を身ごもったことで困った母親は、男の身元を知るために男の着物のすそに、糸を通した針を刺しておくようにいいつけます。

 翌朝、母親はその糸を辿って行くと、糸は岩下の穴に入っており、穴の中をのぞくと、2匹のアカマターが話し合っていました。

 「私は自分のたねを人間に宿させた」

 「人間は利口だ。3月3日に海に行って波を蹴ったら海水に清められて、お腹のお前のたねはすっかりおりてしまうぞ」

 この話を聞いた母親はすぐに娘に浜下りをさせ、お腹の中の蛇の子を出させたということです。

 海水に清められて、娘はもとの美しい体になったということです。
 ちょうどその日が、旧暦3月3日だったといいます。

 また、家に鳥が飛び込んだときも浜下りを行います。
 特に仏壇に鳥がとまると災いが起こるとして、一家で浜に下り3日3晩過ごしたといいます。    
  

■座間味村の旧暦3月3日は■

 旧暦3月3日は古来沖縄の女性の骨休めの日。 大干潮で潮干狩りをして遊びます。
 座間味島では、「流れ船」といって、ボートを数隻ロープでつないで港内パレードをする珍しい行事があります。

 清明(シーミー)は沖縄では先祖供養の日ですが、座間味村では浜下りの日に行います。午前中にお墓参りをしてから、船で無人島に繰り出してピクニックと潮干狩り、夕方は流れ船の上でカチャーシーを踊るというのが、島の女性の3月3日の過ごし方です。


 ☆座間味の旧暦三月三日の伝統行事では【浜下り】のほか、ここだけしか行われていない【流り舟(ながりぶに)】という伝統行事も行われてます。また、沖縄各地で四月五日頃から行われる親族一同が集まって行われる【清明祭】をこの日に行うのです。座間味集落では【清明祭】+【浜下り】+【流り舟】の3つの行事がひとつになっているのでした。



今年は1DAYツアー終了後に、本日のお客様 ユウさん&ナジャさんと

    のんびり、じっくり 見学コースでした

ユウさんたち、来年はこの行事に合わせての座間味上陸

    そして、参加するために 座間味泊!目標だそうです 

来年は、「流れ船」に参加して行事を楽しみたいそうで~す

     お待ちしてます        by まみまみ
スポンサーサイト



島の行事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示